bijoto

beauty

トロントで活躍する現役モデルが語る美の秘訣

07/Apr/2016


bijoto

トロントを拠点にモデル活動をしているMarie Mei さん。3歳の頃、家族と共に香港からトロントに移住し、トロント大学を卒業後、モデルとしてのキャリアをスタート。 ファッションショーやアートイベント、テレビ番組などでのモデルを務めるほか、テレビコマーシャルや映画に女優として出演するなど、精力的に活動しているMeiさんに、モデルとしてのキャリアや、美しさを保つ秘訣を聞いた。

モデルを始めるきっかけは何でしたか?

友人がヘアスタイリストをしていて、そのヘアモデルをしたのが最初でした。 それをきっかけに、モデルをすることが楽しいと知り、もっとしたいと思ったんです。 母は反対してたのですが、大学を卒業したあとは認めてくれました。 そのあとはミュージックビデオに出演したり、アート写真の撮影でのモデルをするなどして、少しずつ活動を広げていきました。

今までの仕事の中で、もっとも印象的なものは何ですか?

写真家のBob Perkと一緒にした仕事です。彼の撮影スタジオで、スタイリストやヘアスタイリスト、みんなが一丸となってプロの仕事をしたわ。 できあがったものも素晴らしかったし、とてもいい経験をしました。

モデルという仕事は競争が激しそうですが、そういう環境で仕事を続ける上で気をつけていることはありますか?

自分の強みを活かすということです。たとえば私の場合は、アジア人の肌や黒髪を持つという特徴があります。 その撮影によって求められているものが違うので、例えば私ではなくて、白人でブロンドの背の小さい人が適していると思った場合は、そういった特徴を持つほかのモデルを奨めることもあります。 その人その人が持つ個性や適正があるので、それぞれの強みを活かせば、競争が激しい世界でもやっていけるんじゃないかしら。 髪を染めたいと思ったこともあるけれど、撮影があるから染めてないわ(笑)。 髪も肌も撮影のためになるべくベストの状態にしておきたいから。

肌がすごくきれいですよね。きれいに保つために心がけていることはありますか?

ビーガンフードがおすすめよ! 肌や身体は内側から作られるものだから、食べるものに気を使うようにしています。 飲み物もなるべく水だけにして、家では新鮮な野菜や果物を、あまり調理しないで生のまま食べることが多いです。 調味料もシンプルに塩胡椒のみの味付けで、身体に余分なものを入れないようにしています。

Marie
Mei

今、日本でも話題になっているロー・ビーガン(生菜食)ですね

身体の調子がすごくよくなるから、ぜひ試してみて。

おすすめのビーガンもしくはベジタリアンレストランはありますか?

有名だけどやっぱり「Fresh」は美味しいわよね。

コスメ選びで気をつけていることや、オススメのものを教えてください

基礎化粧品はいいものを使うこと。直接肌につけるものだから、高品質のものを使うようにしています。 個人的にお気に入りのブランドは資生堂とシュウ ウエムラ。 あと、普段は肌に負担をかけないように、なるべくお化粧をしないようにしています。 メイクアップ商品でのお気に入りは、NARSとTHE FACE SHOP。 NARSのチーク「Dual-Intensity Blush」とTHE FACE SHOPの「Face it Artist Touch Lipstick」は、2つとも色がきれいで発色が良いから好きなの。

最後に、今後の活動を教えてください

ちょうど今日、衣装合わせをしてきたんだけど、モントリオールの監督の映画作品に出るの。 といっても試作品なんだけど(笑)。それの撮影もありつつ、アート写真を中心に活動して行きたいわ。

Marie Mei

トロントのファッションショーやメイクアップイベント、アートイベント、テレビ番組などでモデルを務めるほか、イギリスでも写真モデルを務め、テレビ番組に出演するなど、トロントとイギリスをベースに活躍中。

modelmayhem.com/mariemei

bijoto