bijoto

food

日本で話題の新スポット! 原宿の進化型おにぎり

08/Nov/2016


bijoto

日本の流行りはめまぐるしい! 久しぶりに日本に帰ると驚くことがたくさんありますよね。カナダやアメリカなど海外で忙しく過ごす皆さんに、日本の面白いスポットや新しいグルメ、流行ファッションなどを定期的に紹介していきます。

第一弾の今回は、ラフォーレ原宿のフードエリア「GOOD MEAL MARKET」内に9月30日にオープンしたばかりの、原宿スタイルのポップなおにぎり専門店「onigiri stand Gyu!」です。



おにぎりのカフェ? バー?



おにぎりの魅力を国内外に発信・普及する活動をしている社団法人「おにぎり協会」が全面プロデュースした「onigiri stand Gyu!」。onigiri standとは、おにぎり+カフェ+バーの3つのスタイルを組み合わせた新しいタイプのおにぎり店のこと。主食におにぎり、汁物に味噌汁、副菜に漬物という昔ながらのシンプルで健康的な「一汁一菜」の食スタイルを提案しています。

夜にはバーとして、お酒にも合うおにぎりをおつまみに、ビールやワイン、日本酒などを楽しむことができます。イートインスペースがあり、席はテーブル席とスタンド席の2種類。ちなみにスタンド席にはUSBの差し込み口がついていて、スマホなどの充電もできます。


伝統のおにぎりに原宿スタイルをミックス


メニューは伝統的な「おにぎり」と、手毬寿司のような「おにぎりプチ」の大きく2種類にわけられます。「おにぎり」はその名の通り、誰もがなじみのある三角形のおにぎりです。具材は定番の鮭や梅、明太子、高菜など9種類以上。「下総醤油のおかか」や「無着色のやさしい焼きたらこ」など素材にこだわっているほか、玄米を使用したおにぎりもあります。

「おにぎりプチ」は、カラフルでキュートな新しいタイプのおにぎり。モダンでありながら、繊細なつくりの和菓子のようです。味の種類は和洋折衷のものが多く、「スモークサーモン」や「エビパクチー」などの変り種のほか、甘いスイーツのようなおにぎりも。8種類以上の味がいつでも楽しめます。


和菓子のような和洋折衷のおにぎりプチ



スモークサーモン(350円)

「スモークサーモン」は、一口サイズのご飯の上にバラのお花のようにスモークサーモンが飾り付けられています。その下には口の中でプチプチ弾ける食感が楽しいトビコが。そこにレモンのすっきりした酸味と、粒マスタードのまろやかさが絶妙にマッチしています。


イタリアンツナマヨ(300円)

カラフルなカップケーキのような「イタリアンツナマヨ」は、みんなが大好きなツナマヨに、オリーブの上品な風味がアクセントとなって、味も見た目もおしゃれに仕上がっています。外側を巻いているきゅうりがシャキシャキしたフレッシュ感をプラス。


スイーツキンカン(300円)

そして一番興味津津で頂いたのが、見た目からは味を全く想像できない「スイーツきんかん」。甘いおにぎりってどんな味なんだろう? と少しドキドキ……。口に含むと金柑のフルーティーな甘みが口いっぱいに広がり、ピンクの花びらのようなガリのピリッとした甘辛さ、そして甘口のみそソースとそれぞれ異なる甘みと風味が合わさって、ご飯ともしっかりマッチしています。

お買いものの途中に小腹が減ったときや、いつもと違うタイプの雰囲気とおつまみでお酒を楽しみたい時など様々なシチュエーションで楽しめるおにぎりスタンド。日本人のソウルフードとも言えるおにぎりの進化系を、ぜひ日本に帰国した際にお試しください!

※表示価格はすべて日本円で税抜きです

onigiri stand Gyu!
東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2階
onigiri-stand.com



bijoto