bijoto

food

これでティムマスター! Tim Hortonsをもっと楽しむ裏技って?

23/Aug/2017


bijoto

カナダ代表のお店といえば、Tim Hortons。ダウンタウンであれば、少し歩くだけで何店舗も目にしますよね。皆さんも、ちょっとした休憩やランチなどで訪れる機会が多いのではないでしょうか? そんなTim Hortonsですが、意外と知られていない裏技があるんです。元店員が皆さんにとっておきを教えちゃいます!


もっとお得に利用しちゃおう! ディスカウント編


ティムの最大の利点の1つ。それは「とにかく値段が安い」ということですよね。そんな商品をさらにお得な価格で買える方法があるんです。例えばホットドリンクと一緒に注文することで割引価格になったり、まとめて買うことで一つずつ買うよりも、はるかにお買い得な価格で買えます。



TIMBITSやドーナツ、マフィン、クッキー、ベーグルは、それぞれBoxで購入すると大変お買い得になります。例えば、TIMBITSは一個30¢ですが、10個購入すると$2.29なので、一個あたり22.9¢、50個購入すると$8.99なので、一個あたり約18¢になります。その他の場合はhalf-dozen(6個)もしくはdozen(12個)単位で割引価格になります。パーティーの時や、まとめ買いをして友人と分けてもいいかもしれません。

〈価格表〉
TIMBITS(各30¢)→10個パック($2.29)、20個パック($3.99)、50個パック($8.99)
ドーナツ(各$1.05〜)→6個($5.59)、12個($8.99)
マフィン(各$1.45)→6個($6.69)、12個($11.79)
クッキー各($1.05〜)→6個($5.89)、12個($9.99)
ベーグル(各$1.45〜)→6個($5.29〜7.99)、12個($9.39〜14.29)




また、Strudelとホットドリンクをセット購入すると、割引価格になります。通常価格は1.05ドルなのですが、ドリンク一杯につき1つあたり30セントになるとてもお得な組み合わせです。ドリンクはホットであれば、種類とサイズはなんでも好きなものをえらんでOKです。


自分好みに変えちゃおう! カスタマイズ編


ドリンクのカスタマイズができるカフェと言うと、Starbucksを思い浮かべる人が多いかもしれません。でも、Tim Hortonsでも飲み物やサンドイッチを自由にカスタマイズできるんです。

例えば飲みのもの場合は、ホットかコールドかに関わらず、全ての飲み物で、ミルクやクリーム、チョコレートミルク、砂糖、スウィートナー、ハチミツをそれぞれ無料で加えることができます。
さらに25¢の追加料金でヘーゼルナッツやバニラなどのフレーバーショットを加えられるほか、65¢の追加料金でホイップクリームを飲み物に足すことができます。

また、メニュー表にはないのですが、Latteにティーバッグを追加することで、Tea Latteも注文できるんです。これ以外にもティーバッグは全てのドリンクに各25¢で追加ができます。 私の好きな組み合わせはホットチョコレートにペパーミントティーバッグを加えたものです。ぜひ自分の好きな組み合わせを探してみてください。

カスタマイズが可能なのは飲み物だけではありません。サンドイッチやラップを注文する際は、既存の商品のパン(バンズ)をベーグルやラップに置き換えることが可能です。さらに野菜の追加やソースの変更、パンを好みの焼き加減に調整するなどもできます。
オリジナルのサンドイッチやラップを作ることもできます。お店にある好きなパンやラップに、食べたい野菜やソース、ミート、チーズを選んでオーダーすれば、オリジナルメニューの出来上がり!

実際に英語で注文してみよう! 英文サンプル編


注文をするときの英文例もご紹介しますね。もし英語での注文の仕方がわからない時は、参考にしてみてください。

〈例文1〉
Can I have an ice coffee with chocolate milk? (アイス・コーヒーにチョコレート・ミルクを加えたものをください)
Add shot of caramel please.(キャラメル・フレーバーショットもお願いします)
キャラメル・フレーバーショットはCaramel Flavor Shot でも通じます。

〈例文2〉
May I have a small coffee? (コーヒーのスモール・サイズをください)
One and half milk and half sweetener please.(1と1/2カップのミルクと半量のスウィートナーもお願いします)
One and half というように分量を具体的に言うことで、量の調整が可能です。

〈例文3〉
May I have a Chicken Salad, please? (チキン・サラダ・サンドイッチをください)
I would like to add crispy bacon, no tomatoes please.(クリスピー・ベーコンを加えて、トマトは抜きでお願いします)
パンを変える場合は "I would like to change the buns to bagel please.(バンズをベーグルに変えてください)"といった言い方で通じます。

最後におまけを。日本にはあまりない飲み物「フレンチ・バニラ」。すごく美味しいのですが、かなり甘いです。そこで試してほしいのが、コーヒーとの組み合わせ。カナディアンの間ではとてもポピュラーな飲み方なんです。
注文の際は" Half French ( Vanilla ), half coffee " で伝わります。ちなみに" One third ( 1/3 ) French Vanilla, two third ( 2/3 ) coffee" で注文すると、コーヒーの値段で購入できますよ。

みなさんはいくつ知っていましたか? 今日からでも早速お試しあれ!!


※表示価格はすべてカナダドルで税込みです。また店舗によって取扱い内容が変わります



bijoto