bijoto

beauty

ナチュラルなのに色っぽい 旬美人のブラウンメイク

14/Feb/2018


bijoto

王道のブラウンメイクだからこそ、流行を取り入れておきたい! ちょっとしたコツで、ナチュラルな今どき美人になれるんです。

基本をおさえつつ、小技を効かせる


まずはベースから。今回は、ラメ入りのファンデーションを使って艶をだしました。その後頬骨の下、影になる部分にシェードを入れます。オレンジピンクのチークを頬骨全般の広範囲にオン。その上に薄いゴールドのシマリングパウダーをのせます。シマリングパウダーを高い位置に入れることによって、頬の位置があがり、シェイプが上に引き締まるように見せられます。顎を細く見せる効果も。


次に眉を描きます。ナチュラルな太眉が今の流行りなので、眉を濃く描きすぎないように今回はペンシルのみ使用。眉の毛を埋めるように一本一本描いていきます。

ナチュラルに目を大きく見せるアイシャドウ・テク


続いて薄ベージュのアイシャドウをまぶた全体にのせます。さらにピンクブラウンのアイシャドウをまぶた全体に入れます。目を開いたときに、やや二重からはみ出す程度で。


まぶたの下半分に薄いブラウンを入れます。この時外側にややはみだすぐらいで。また、目の下の涙袋の外側から内側まで2/3ほどにも薄いブラウンをのせます。


二重のラインまで中くらいの濃さのブラウンを重ねてグラデーションをつくります。そして黒目の上だけに一番濃いブラウンを点のように入れます。こうすることで目の大きさを強調できます。


濃いブラウンのアイライナーで目の際を埋めるようにアイラインを描きます。さらに目の下の際も外側から半分まで、黒のアイラインで描いて引き締めます。


最後にベージュのリップを筆で描き、グロスのみ真ん中につけて完成です。ナチュラルな陰影をつけたブラウンメイクは、顔立ちがはっきりしている人にも薄い顔の人にも、みんなに使える万能テク。ファンデーションやシマリングで艶を出すことで、より春らしく仕上がります。



Model: Sayaka, Hair & Make: Hitomi


bijoto